涼鈴雑多工廠

涼鈴雑多工廠

〜暇人工作員のブログ〜

自転車のスマホホルダーからiPhoneの背面を守る!!

事の発端

高(専)1の頃から使っていたiPhone7のモバイルデータ通信が不安定になりまして、頻繁に圏外になるというか逆に3日に一回くらいしか繋がらないので交換してもらいました。

そんなわけで、新品ピカピカiPhone7(アルミフレーム最高!!ガラス背面とか怖すぎ)を使い始めた訳です。新品ピカピカiPhone7ですから、味が出る感じの傷はまだしも変な傷は付けずになるべく綺麗に使いたいものです。

と、ここで懸念が…
僕は究極の薄さを誇るバンパーケース愛好者なので、iPhoneの背面が剥き出しなのです。(傷を気にするならバンパー辞めろよとは言わないでください。これは譲れません!)

f:id:himajinkosaku:20200404041614j:plainf:id:himajinkosaku:20200404041601j:plain
アルミ削り出しのフルメタルバンパー

そして、クロモリロードで通学時に使用しているスマホホルダーiPhone背面にゴムパッドを押し当てるタイプだったので、旧iPhoneの背面はゴムパッドの模様に擦り減るというか傷が付くというか、マット仕上げがダメになってとにかく見た目が悪くなっていたのです。

新品ピカピカiPhone7の背面は僕が守らねば!!という決意とともに、細いテープ付きスポンジを注文。
スポンジを貼り付けることで、iPhone背面を保護する作戦を取ることにしました。

スポンジが配達されるまでに悲劇が

当初僕は、iPhone背面にゴムパッドの模様の傷が付いたのは、ゴムパッドに細かい砂が付着しiPhone背面を擦ったからだと考えていました。
そこで、マスキングテープをゴムパッドに貼っておけば、iPhone背面を保護することができるだろうと考えたのです。

f:id:himajinkosaku:20200404041627j:plain
は??????????

考えて…いましたが…アルマイト君はマステにも耐えられなかったようです…Orz
貼るべきだったのはiPhoneの背面側でした。
iPhoneの触り心地が悪くなるのを数日我慢さえしておけばぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…ぁ…

3分クッキング

傷が付いてしまったのはもうどうしようもないので、より酷いことにならないようちゃんと仕上げていきます。

用意するのはこちら

f:id:himajinkosaku:20200126031257j:plainf:id:himajinkosaku:20200126031308j:plain

スポッと外したゴムパッドとテープ付きスポンジです。

f:id:himajinkosaku:20200126031320j:plainf:id:himajinkosaku:20200126031332j:plain

適当に切って、折角なので模様に合わせて貼ってしまいます。
平行にただ貼るよりは凝ってる感じが…出るような出ないような…

このまま上に重し(教科書)を載せ、暫く放置してしっかりくっついたら完成です。

使用感

かなり良いです。
スポンジが少々厚いので、iPhoneがシリコンの張力でより強く固定される感じです。

また、雨にも強いようで全然剥がれてきません。普通に便利です。

肝心の背面保護ですが、最初の悲劇以降、裏の傷は変化していないように思えます。
(iPhone交換前からやっておけば…)

これは次iPhoneを換えるまで悔やみ続けます…

f:id:himajinkosaku:20200126031501j:plain

Sturmey Archerの内装3段変速機のオーバーホール

分解する内装変速機

Sturmey Archer AW-3です。

f:id:himajinkosaku:20200216043536j:plainf:id:himajinkosaku:20200216043548j:plainf:id:himajinkosaku:20200216043600j:plain
これは作業後(磨いた後)

英国製ってだけで高級感ありますね。
90-6ってのは製造年月が1990年の6月って意味でいいんでしょうか?
30年前ww僕よか余裕で歳上です。というか部品がこれなら自転車もほぼ同じ年月を…

古いものでも残ってるもんなんですね〜
こうして巡り合えたのも縁なのでしょうか。

オーバーホールの準備

今回オーバーホールしようとしている内装変速機ですが、純正のボールリングスパナ(品切れor高価)があると分解が少し楽になりそうでした。
ということでCADで設計してレーザーカットで作ります。

手元にあった大判薄めの板材が刃物用ステンレス鋼だけだったので、高かったから自作したのに結果的に超高級仕様になってしまいました…

f:id:himajinkosaku:20200216025534j:plainf:id:himajinkosaku:20200216025543j:plain
完成品ズ

右にあるのはついでにカットしたEDCツールとアクセサリーです。
ボールリングスパナの輪っかの中のデカい円板がもったいないです…
投げたらそこそこ痛そうですが、それならレンチを投げたほうが余程痛いのでそれもまた、、、
手裏剣とか憧れますよね。

分解開始

f:id:himajinkosaku:20200216025611j:plain
ハブコーンレンチぴったり
ついでのついでに作ったハブコーンレンチはぴったりだったようです。

f:id:himajinkosaku:20200216025622j:plainf:id:himajinkosaku:20200216025633j:plain

スナップリングを外すとスプロケも外れました。非常に汚いです。

f:id:himajinkosaku:20200216025646j:plainf:id:himajinkosaku:20200216025657j:plain

ボールリングレンチを当ててみたところ出っ張りが引っ掛かって嵌らなかったので、電動リューターでちょっと削ってぴったり入るようにしました。0.1mmずつくらい削ったらもう入ったので、ノギスの適当測定による設計でしたがいい線いっていたようです。

f:id:himajinkosaku:20200216025708j:plainf:id:himajinkosaku:20200216025720j:plain
f:id:himajinkosaku:20200216025732j:plainf:id:himajinkosaku:20200216025743j:plain

順番に、組み立てるときに参照できるように写真を撮りまくりつつバラします。
12
34 の順です。

f:id:himajinkosaku:20200216025754j:plain

ラチェット機構のばねが小さくて無くしやすいらしいので、このツメはそのまま分解しないで洗浄・グリスアップ・再組込みまで行います。もう一組のツメも同様です。

f:id:himajinkosaku:20200216025806j:plainf:id:himajinkosaku:20200216025817j:plain
f:id:himajinkosaku:20200216025827j:plainf:id:himajinkosaku:20200216025839j:plain

ナットの位置を測定しつつ引っこ抜きます。
内装変速機のメイン部分ですね。
重いです。

汚すぎてゴム手袋の汚れを落としてまでiPhoneを触りたくなかったのでこれ以降写真はありません…

洗浄

パークリで汚れを落とします。
多いし大きいしで、2年くらい前にホムセンで買って全然減らなかったパークリが無くなるかと思いました。ギリギリ足りましたが今度買いに行きます。

グリス&オイルアップ

ベアリングはグリス、ギアはオイル というのをやってみました。
グリスは(多分)AZのホワイトグリース。オイルはヴィプロスのグレサージュです。
オイルがグリスを溶かす、みたいなことをどこかで見たので、グリスには掛からないように少し注意しました。

組立

順番に戻していきます。
工具がなかったのでスナップリングを戻すのだけかなり大変でした。

失敗???

組み終わった直後にクランクを回してみたところ、なにやらゴリゴリ変な感触で、ラチェットが働いてないな~という感じでした。
変速もできません。というか硬すぎてチェーンロッドがびくともしないので、変なところで噛んでゴリゴリいってた可能性が高いですね。

しかし再分解なんて面倒なので、取り敢えずチェーンロッド付近に潤滑を吹いて放置したところ気付かないうちに直ってました。
変速快調回転も滑らかです。
逆回転させてもちゃんとラチェットが動いているようです。

パッシブスキル : [機械工学科] が働いたようですね。

結果

Before

After

カチカチ音が聞こえるのは変わっていませんが、若干音が軽く(高く?)なっている”気がします”。

実際漕いでも平坦な道が苦じゃなくなったような”気がする”程度の差です。

平均速度は上がったと思われますが、スピードセンサーがついてないのでなんとも…
ログを確認してみましたが、測定方法がiPhoneGPSだけでして、寄り道の影響もあって全然参考になりません。(オールドダホンはクランクが短く車輪径も小さいので、ケイデンスとスピードを一つのセンサーで同時に測れないんです…見た目が悪くなるのでハブ&クランク巻き付けタイプは好きじゃないので悩ましいところです。)

劇的に変わらないと若干の虚しさが胸に…
でもまあ綺麗になったのでよしとします…

やりたいことリスト

  • ハンドルグリップ交換
  • ペダル交換
  • ブレーキ交換
  • ブレーキレバー交換
  • サドル交換(クリア)
  • サビ落とし
  • サビ落とし(特にシートポスト&シートチューブ内側)
  • 磨きor再メッキ
  • ハブのグリスアップ(クリア)
  • チェーンカバー調整
  • オシャレなライト探し
  • 雰囲気に合った速度計&サイコン探し
  • リクセンカウル化か何かでリュックを背負わなくても済むように
  • 内装変速機のオーバーホール(クリア)
  • 内装変速機の定期メンテ(new)
  • チェーンテンショナー装着
  • 適合Oリング探し(クリア)
  • スプロケの歯数変更(new)

フロントハブのグリスアップ

フロントハブのグリスアップをします

これはとりあえず乗ってみた記事でも紹介した前輪の回転の動画です。
めっちゃゴリゴリしてます。抵抗やばすぎです。

こんなの漕げば漕いだだけ虚無にしかならないのでグリスアップします。

作業前に

この作業をするにあたって前輪を外すことは必須です。
しかし、前輪を外すと自転車は自立できません!!(何をあたりまえのことを…)
しかし僕が持っているA型スタンドを使うことを作業中の僕は思い出すことがありませんでした。

まあどちらにせよA型スタンドでは前輪を外した自転車を自立させることはできないのですが…

通常このような状況になれば、自転車をひっくり返してサドルとハンドルで自立させるのが普通だと思うのですが、ちょっと部屋が汚くてスペースが無く、ずぼらだった僕は発見してしまったのです!
そう、前輪を外したオールドダホンを自立させる方法を!!

f:id:himajinkosaku:20200210033634j:plainf:id:himajinkosaku:20200210033646j:plain
極めて限定的な状況でしか役立たない知識
前輪を外した状態で補助輪?補助キャスター? を出し、フレーム中央を折りたたむだけです。
右のペダルが下死点に来るようにしてやれば、3点で自立します。しました。

これはめっちゃ便利です。
前輪を外す作業をしている間にしか使えませんが…

分解&洗浄

f:id:himajinkosaku:20200210033658j:plainf:id:himajinkosaku:20200210033711j:plain
ナットですね。
錆びてたのでサビ落とし剤を塗っておきます。でもメッキへの侵食で荒くなっていて、あんまり綺麗になりませんでした。

f:id:himajinkosaku:20200210033719j:plain
機械工学科の腕の見せ所!!
突き出し量を測っておきます。
端面が丸いので正確ではありませんが、条件が同じになるように測っておきました。
左が17.5mm 右が16.8mmだったのでメモしておきます。
そしてさらにバラします。
f:id:himajinkosaku:20200210033730j:plainf:id:himajinkosaku:20200210033741j:plain
汚い゛ぃぃぃぃ
ゴム手越しですが、色とグリスのヌメヌメが合わさりめっちゃ気持ち悪いです。
パークリで吹き飛ばします。

f:id:himajinkosaku:20200210033752j:plain
ベアリング×2の汚れ
ベアリングだけでこれです。色が…うへえぇぇ

f:id:himajinkosaku:20200210033759j:plainf:id:himajinkosaku:20200210033809j:plain
キレイキレイ

ハブのスポークが刺さってる辺りはサビ落とし剤も併用した気がします。
それとハブの外周部?軸周り?とリムの錆がなかなか目立つので、サビ落とし剤を塗りたくりました。
邪魔な突起(軸)が無いうちに錆を落としてしまいます。

グリスアップ&組立

f:id:himajinkosaku:20200210033820j:plainf:id:himajinkosaku:20200210033832j:plain
グリス塗りました。本当です。
iPhone7で偶にある写真ブレブレ(シャッター音と撮影が1秒くらいずれる。撮れたと思ってiPhoneを下し始めてから撮るので写真は死ぬ)が発動していたようで、ひどいことになってます。
このiPhone7本体交換したばかりなんですけどね…本体自体の不具合なんでしょうか…

このまま逆の手順で組み立てていきます。
玉押しは、「ガタつかないけどなめらかに回転する」という程よい塩梅になるように締めます。

f:id:himajinkosaku:20200210043905j:plain
完成図です。
白くなっているのは、メッキが錆に侵食され、その錆を落とした為にメッキが無くなって地が出てきた部分…だと思います…

結果

音がするのはカップに小さな傷があったからです…
でもこの程度なら買い替える必要はないと勝手に判断してこのままにします。

最初に比べたらこんなものは誤差です。走行時の安全に関わる場所ではないですし…
Beforeのこれ↓に比べたら劇的にマシになってます。

前輪自体も全然回らなかった(動画はありません)のですが、今はこの通りです。

(カタカタ鳴っているのは反射板です。最後プルプルしてるのは腕が少々悲鳴を上げてしまったようです。失礼しました。)

これで転がり抵抗が劇的に改善されたと思います。
早く乗って試したいところですが、内装変速もどうにかしてから一気に違いを体感したいですね~

やりたいことリスト

  • ハンドルグリップ交換
  • ペダル交換
  • ブレーキ交換
  • ブレーキレバー交換
  • サドル交換(クリア)
  • サビ落とし
  • サビ落とし(特にシートポスト&シートチューブ内側)
  • 磨きor再メッキ
  • ハブのグリスアップ(クリア)
  • チェーンカバー調整
  • オシャレなライト探し
  • 雰囲気に合った速度計&サイコン探し
  • リクセンカウル化か何かでリュックを背負わなくても済むように
  • 内装変速機のオーバーホール
  • チェーンテンショナー装着
  • 適合Oリング探し(クリア)

サドル交換とおまけのサビ取り

サドルを替えたい

DAHON Ⅲに乗ってみた記事で、純正らしきサドルが固かったということを書きました。
それに、なんか分厚くて見た目的にも僕はあまり好きではありません。なのでかっこよくて乗り心地が良いサドルを探して交換することにしました。

サドル探しの旅

まず色です。
デフォルトでは、フレームが黒、ハンドルグリップが黒、純正サドルも黒となっています。見栄えを考えるとハンドルグリップとサドルは色を合わせたいです。
まあ茶色か黒かですが、ハンドルグリップは視界が落ち着く黒にしたいです。なのでサドルも黒にします。

次は素材です。安っぽいのは嫌です。固いのも嫌です。
BROOKSのサドルとか憧れますが、自転車本体より高くなりそうなので流石にちょっと…レザーっぽい雰囲気のもので妥協します。

最後は形状でしょうか?ママチャリみたいに肉厚幅広なんて絶対嫌です。しゅっとしててカッコいいのがいいです。

これでまとまりました。

サドルの条件

  • 黒色
  • レザー調
  • ソフトサドル
  • 薄め細め

ということで、GIZA PRODUCTS VL-1146 ブラックを購入。

交換していきます

両側のナットを緩めたらすぐです。

f:id:himajinkosaku:20200123025544j:plain
サドルクランプは綺麗です。このまま使いまわします。
f:id:himajinkosaku:20200126031344j:plain
全然違いますね
これで交換作業は終わりです。
はい。

シートポストのサビ落とし

折角サドルを交換したので、近くの汚いシートポストの錆びも落として綺麗にします。
ざらざらしているのか、折り畳み時に抵抗があってスムーズに伸縮できなかったところです。

面積こそ広めですが、サビ落とし剤を塗りやすく真鍮ブラシで擦りやすいのですぐに落ちました。

錆は落ちましたが、シートポストの右側と左側でメッキの荒れ具合に差がありすぎるのが不思議です。何があったんでしょう。

シートチューブスリーブ(でいいんでしょうか?)にも錆汚れが付いていたので落とします。
さらに奥には一面の錆が見えますが、とりあえず見なかったことに…

パイプ内側の錆は厄介ですね。
シートポストもシートチューブも内側が一面錆びているので、円筒状の真鍮ブラシとサビ落とし剤で…いつか落としたいと思います…

乗ります

f:id:himajinkosaku:20200126031252j:plainf:id:himajinkosaku:20200126031246j:plain
お洒落になったと思います。

お尻へのダメージが無くなりました。
別にふかふかで柔らかいわけではないのですが、「角が当たる」ことが無いのです。
また、細めの形状なので内腿と干渉せず非常に漕ぎやすいです。

そこそこ重いリュックを背負ってこれなので、リュックを背負わずに乗れるようになればさらに快適になれそうですね。 f:id:himajinkosaku:20200126031241j:plain

実は他の交換パーツも購入済み

サドルだけじゃなく、前後ブレーキとペダルも既に家にあります。
ただ、どちらも交換時に外すタイミングで近くのサビ取りも一緒に行いたいので、サビ取りを一気にできる暇なときまで寝かせてます。

やりたいことリスト

  • ハンドルグリップ交換
  • ペダル交換
  • ブレーキ交換
  • ブレーキレバー交換
  • サドル交換(クリア)
  • サビ落とし
  • サビ落とし(特にシートポスト&シートチューブ内側)(new)
  • 磨きor再メッキ
  • ハブのグリスアップ
  • チェーンカバー調整
  • オシャレなライト探し
  • 雰囲気に合った速度計&サイコン探し
  • リクセンカウル化か何かでリュックを背負わなくても済むように
  • 内装変速機のオーバーホール
  • チェーンテンショナー装着
  • 適合Oリング探し(クリア)

支柱にOリングを装着

支柱にガタがある

タイヤとチューブを交換後、もう乗れるようになったのでとりあえず乗ってみた記事で、支柱がカタカタ鳴る問題を書きました。
本来はOリングが付いている場所なのですが、切れてしまったのか存在していません。
そのときは家にあったOリング詰め合わせセットで試してみましたが、Oリングを挟むと支柱が奥まで挿し込めず引っ張ったら抜けるようになってしまったのでもう一度外しました。 Oリングが無い支柱のボールロック部

Oリングを削ぎます

径は合っていてもOリングが太い(分厚い)からぴったり嵌らないのです。
ならばアートナイフで削いで薄くしてやります。

f:id:himajinkosaku:20200123030113j:plain
元のOリング

Oリングが千切れにくいように、切れ込みが残らないように切り込むようにします。
0.5mmくらい薄くしました。 反対側は触らずそのままです。この面をフレームと接触するように取り付けます。(ボールロック部に付けた場合、この面が下を向くようにします。)
薄く削った側はフレームと擦れる場所に使わない方が長持ちする気がします。

ついでにサビ取り

ボールロック機構をばらして錆取りもします。
それなりに綺麗になりました。

支柱の表面も少し錆取りしました。

ついでにグリスアップ

f:id:himajinkosaku:20200123030132j:plain

部室からケミカル用品を拝借してきたので、このうちグリス(らしきもの)を使います。
たぶんAZのホワイトグリスだと思うんですがラベルが無いので…
でもまあきっと大丈夫でしょう。触ったらちゃんとグリスでした。

ボールやシャフトに塗り、組み立てます。

修理完了

f:id:himajinkosaku:20200123030055j:plain
なかなか綺麗になりました
乗ってみましたが、ガタは跡形も無く消え去ったようです。

組立て・折畳みのどちらもスムーズに行えますし、嵌ればいくら引っ張っても外れません。安心して乗れるようになりました。

やりたいことリスト

  • ハンドルグリップ交換
  • ペダル交換
  • ブレーキ交換
  • ブレーキレバー交換
  • サドル交換
  • サビ落とし
  • 磨きor再メッキ
  • ハブのグリスアップ
  • チェーンカバー調整
  • オシャレなライト探し
  • 雰囲気に合った速度計&サイコン探し
  • リクセンカウル化か何かでリュックを背負わなくても済むように
  • 内装変速機のオーバーホール
  • チェーンテンショナー装着
  • 適合Oリング探し(クリア)

サビ落とし1

サビ落としの進捗

タイヤとチューブの交換をしてからちょくちょく進めています。
しかし、なにぶんにも時間がかかるものであまり載せることが無いんですね…

現時点では、

  • チェーンリングの外側
  • チェーン
  • クランク
  • フレームの塗装の上に浮いてた点サビ
  • シートチューブのクランクのレバー
  • キャリアの一部
  • フレームロックの板バネ表面
    のサビ落としを進めています。

劇的サビ落としビフォーアフター

こいつを使って錆を落としていきます。

f:id:himajinkosaku:20200116092730j:plainf:id:himajinkosaku:20200116092741j:plain

ボタボタ垂れるので、そこからも掬いつつ塗っていきます。
錆と反応して泡が出るようになったら、真鍮ブラシで擦ってやります。

f:id:himajinkosaku:20200116092741j:plainf:id:himajinkosaku:20200116092913j:plain

チェーンリングの外側の面が綺麗になりました。しかし裏面…これはBBからクランクごと外さなければ効率が悪そうです。後回しにします。

チェーンの錆を落とします。長いので一部分ずつ分割してやりました。時間かかった〜
チェーンはメッキなんて気にせずスチールブラシで擦ります。

f:id:himajinkosaku:20200112190218j:plainf:id:himajinkosaku:20200116092753j:plainf:id:himajinkosaku:20200116092805j:plain

泡が分かりやすいです。錆の表面積が大きいからでしょうか?鉄イオン臭いです。

f:id:himajinkosaku:20200116092838j:plainf:id:himajinkosaku:20200116092827j:plain

キャリアの片側だけに塗ってみました。
こんなに違うと気持ちいいですね〜

f:id:himajinkosaku:20200116092850j:plainf:id:himajinkosaku:20200116092901j:plain

チェーンリング側のクランクはメッキがボロボロであまり綺麗にならなかったのですが、こちら側は点サビくらいしか無かったのでメッキの輝きが取り戻せました。

サビは僕を待っている

まだまだ錆だらけです。特にシートチューブとシートポストの溝がやばそうです。
ハンドルも気になりますし、キャリアはまだまだ茶色いままです。

時間があるときに少しずつ進めていきたいと思います。

次回・カスタマイズ

【OLD DAHON】 とりあえず乗ってみた

乗りました

近所のハードオフまで往復で5.8km、登下校で7.6kmと、自転車に乗ることを趣味にしている訳ではない僕にとってはそれなりの距離を走ってみました。

まず、、、

楽しいです。乗ってて楽しいです。クロモリロードでは通学か買い物かラーメン屋行くくらいしかしてないので、自転車に乗ること自体が目的でないんですね。快適になるように色々改造するのは楽しいんですが、乗ると普通です。
でもDAHON Ⅲは乗ってて楽しかったです。

良かった・楽しかったところ

・人生初の折り畳み自転車体験でした。
よく考えたら折り畳み自転車に乗るの初めてだったんですね。

車輪がとても小さくて最初は戸惑いましたが、30秒で慣れました。車輪が小さくてハンドルが長いと曲がる感覚が全然違うんですね~

・姿勢がとても楽
僕は、サドルの高さを漕ぐとき膝が伸び切るか伸び切らないくらいにセットしてロードに乗っています。DAHON Ⅲも同じ感覚でセットしたところ、シートチューブとシートポストが固定限界の一歩手前くらいまで伸びることになりました。
クラスメイトには見た目に違和感があると言われましたが、僕は自分の膝と脚の感覚を信じます。

ロードとサドル高さはあまり変わらないはずですが、乗車姿勢が全く異なることになりました。ペダルが下死点に来た時なんてもう立ってます。道沿いにあるお店のガラスに映る自分の姿を見て笑っちゃいました。あれじゃあウォーキングバイシクルです。
でもその背中のまっすぐさが色々筋肉が足りてない僕の体には丁度良いようで、ロードではほぼ上ハンなのですがそれよりも楽でした。

・タイヤがふわふわ
ロードでは700×28Cのタイヤを使っています。
しかしDAHON Ⅲは16×1.75のタイヤです。
タイヤ径が小さいのであまり違わなく見えたのですが、28mmと44.45mmの差は凄いですね。段差の衝撃が全然違います。
ロードではサス付きシートポストを使っていますが、こっちの方が柔らかいです。

・畳むのが楽しい
変形楽しすぎませんか??
f:id:himajinkosaku:20200115225603j:plainf:id:himajinkosaku:20200115225556j:plainf:id:himajinkosaku:20200115225617j:plainf:id:himajinkosaku:20200115225645j:plain

しかもちょっと斜め方向ですが小さいまま動くんです。楽しい!!

・ラチェット音がすごい
上の動画でも分かる通り、ラチェット音がとても大きいです。
威圧的な運転をしているつもりは全くないのですが、歩行者の方々がどんどん退いてくれます…ベル鳴らすのは抵抗ありますがこれはなかなか…モーセになった気分です。
安全運転ていいですね。煩いですけど。

ダメな点・改善案

・ハンドルの支柱がカタカタ鳴る f:id:himajinkosaku:20200115232224j:plain ここにOリングが入るらしいです。
家にあったOリング詰め合わせセットで試してみましたが、Oリングを挟むと支柱が奥まで挿し込めず引っ張ったら抜けるようになってしまったのでもう一度外しました。
太すぎたんでしょうか…

・ふらふらする なんというか小輪車は直進性と復原性がちょっと弱いんですかね?ジャイロ効果が云々って感じで。ハンドルに手を添えるだけ、くらいの持ち方をすると結構ふらふらすることが分かりました。これは普通に持てばいいだけですし、慣れの問題ですね。

・内装変速が1速にならない
めっちゃ大変でした。特に学校前の激坂が…
せっかく3段の変速なのに、2,2,3しか選べません。ペダルが重いわけです。ねじねじするところで調整するんだと思うので、様子を見ながらやってみようと思います。

あと内装変速って漕ぎながらだと変速できないんですね。
変速レバーがめっちゃ固いぞ、、、変速できない!!! ってときは必ず漕いでいるということに気付きませんでした…

・転がり抵抗が大きすぎる
転がりません。全然転がりません。惰性で進む距離は体感でクロモリロードの1/4くらいです。
ハブ内部のグリスが不味いことになっていそうです。

タイヤ交換の時に回してみましたが、ゴリゴリ言ってます…

・サドルが合わない
DAHON Ⅲにはおそらく純正のサドルがついています。(おなじサドルをネットで沢山見ました。)しかし、僕の乗車姿勢が関係しているのか、サドルのお尻の固い角みたいなところが骨にゴツゴツと当たって痛みます。
雰囲気が良くて固い角が無さそうなサドルを注文したので、新サドル・純正サドル・ロードのサドル を付け替えて試してみようと思います。

・ブレーキが片効きしている
フェンダーに干渉する程片効きしてます。デュアルピボットでアルミのものに交換してしまおうと思います。

・ブレーキが効かない(整備不良が原因)
全然ブレーキが効きませんでした。しかしそれは、タイヤ・チューブ交換の際にタイヤが抜けないからとブレーキシューを緩めてずらした後、しっかり調整して戻さなかったことが原因です…ぴったり合わせてから締めなければ、そりゃブレーキなんて効きませんね…

・チェーンがちょっと弛んでいる
これは外装変速じゃないので、リアハブの固定位置によってチェーンの張りが決まっています。今のところ走行に影響は無いように感じていますが、見た目的に気になるのでチェーンテンショナー使いたいです。

次回・サビ落とし

やりたいことリスト

  • ハンドルグリップ交換
  • ペダル交換
  • ブレーキ交換
  • ブレーキレバー交換
  • サドル交換
  • サビ落とし
  • 磨きor再メッキ
  • ハブのグリスアップ
  • チェーンカバー調整
  • オシャレなライト探し
  • 雰囲気に合った速度計&サイコン探し(new)
  • リクセンカウル化か何かでリュックを背負わなくても済むように(new)
  • 内装変速の調整(new)
  • チェーンテンショナー装着(new)
  • 適合Oリング探し(new)