涼鈴雑多工廠

涼鈴雑多工廠

〜暇人工作員のブログ〜

タイヤ・チューブ交換

レストア開始

手っ取り早く乗れるようにするために、タイヤとチューブを交換します。
DAHON Ⅲのタイヤの刻印を必死に読み解いたところ、「16×1.75」のものを購入すればいいと判明したため、密林で スリットがカッコいいタイヤとチューブの2本ずつセット (と念のためにパナレーサーのチューブ)を注文しました。

まずは前輪

f:id:himajinkosaku:20200112175710j:plainf:id:himajinkosaku:20200112175721j:plain

タイヤとチューブを外すのは簡単です。クロモリロードで一度タイヤを交換しているので、その経験を活かしスムーズに終了。

f:id:himajinkosaku:20200112175733j:plainf:id:himajinkosaku:20200112175745j:plain

リムの普段タイヤで隠れているところを見てみましたが、綺麗だったのでそのままにしておきます。
小径だからかとても固く感じましたが、頑張って押し込みました。
前輪のタイヤ・チューブ交換終了です。

問題ぞろぞろ後輪

内装変速なのでワイヤーがハブから伸びています。内装変速に触れるのは初めてで、しかも特殊なのか調べても同じ構造のものを発見できなかったので勘でやることにしました。

(このねじで長さ調整してそうだな~全部緩めれば外せるんじゃね??)

ねじねじねじ

f:id:himajinkosaku:20200112175757j:plainf:id:himajinkosaku:20200112175806j:plain
外せました。

f:id:himajinkosaku:20200112175817j:plain
そして別のところも外れました。
穴の奥にめねじが切ってあって、そこにねじ込めば元に戻せそうだったのでこのまま進みます。
f:id:himajinkosaku:20200112175828j:plain 軸の直径>フレームの溝の幅>軸の平行部の幅 となっていて、少しひねると食い込んでいる状態から解放され緩みました。
(写真は緩んだ状態です。食い込んでいた場所はワッシャーの跡から察してください)

ここで僕は疑問に思います。なぜ引っ張っても後輪が抜けないのかと!!そう、チェーンを外していないのです。
ロードで何度かやっているというのに…素で気付きませんでした…
f:id:himajinkosaku:20200112175914j:plain チェーンをチェーンリングから外し、後輪のギアからも外せばようやく後輪が外れます。う…汚い…

ここまでくればあとは前輪と同じです。ゴミを取り除きつつタイヤ・チューブ交換を済ませ、逆の手順で後輪を取り付けます。

チェーンとフレームをキレイキレイする

タイヤが復活したことによりもう既に乗れる状態になってしまいました。でも汚いのは嫌なのでパークリ吹きつつ拭いていきます。

f:id:himajinkosaku:20200112190218j:plainf:id:himajinkosaku:20200112190232j:plain

汚れというか錆なので、パークリ程度じゃBeforeもAfterも分かりませんね…

f:id:himajinkosaku:20200112190256j:plainf:id:himajinkosaku:20200112190244j:plain

チェーン拭きをしていると、チェーンカバーに干渉している箇所を発見しました。ゴムワッシャーでも挟んで位置を調整してやる必要がありますね。(固定に使われていた3つのねじのうち1つには挟まってましたが、オフセットが足りていません…)

そして取れた汚れ。左がチェーンで右がフレームなのですが、フレームが全然汚れてなかったです。チェーンカバーとフレームの隙間に塵みたいな汚れがあった程度で、ジャンクといいつつも綺麗に保たれていたのでしょうか?
手間が省けて非常に有難いことです。

次回・乗る

f:id:himajinkosaku:20200112192453j:plain

やりたいことリスト

  • ハンドルグリップ交換
  • ペダル交換
  • ブレーキ交換
  • ブレーキレバー交換
  • サドル交換
  • サビ落とし
  • 磨きor再メッキ
  • ハブのグリスアップ
  • チェーンカバー調整
  • オシャレなライト探し